XTAL

PAWEL.G – Analoguememories. (XTAL Remix)

遊佐春菜 – Midnight Timeline (XTAL Remix)

壊れかけのテープレコーダーズ、Have a Nice Day!の遊佐春菜のソロ始動!リミックス・プロジェクト第4弾はTraks Boysとしても活躍するXTAL、近年の作品同様に流れで聴かせるのではなく瞬間を切り取るようなスタイルは歪み成分がまるで音の粒子のように広がるって聞こえてくる。バレアリックかつシューゲイズなタッチは彼ならではの作品となった。

QUIET SPACE FOR QUIET LIFE Part.1 & 2

QUIET SPACE TOOL & FURNITUREの作品集のサウンドトラックとして作成した、アンビエント・トラック各15分×2。

彼らのアトリエにお邪魔して収録した音も入れて、作品集を眺めながら、うっすらプレイされることを念頭に作りました。

なので、今まで自分が作った音楽の中では最もアンビエント寄りなものになっています。

作品集+カセットテープ版はこちらで購入可能。
https://quietspace.theshop.jp

These are two 15 minute ambient tracks that I made as a soundtrack for the QUIET SPACE TOOL & FURNITURE catalog.

I made these tracks with the intention that it would be played while looking at the catalog, including sounds I recorded while visiting their studio.

You can buy the cassette tape edition here.
quietspace.theshop.jp

Masatomo Yoshizawa meets XTAL “Guitar Esquisse Volume One”

各種ストリーミングサービスURL : https://ssm.lnk.to/GEV

YOUR SONG IS GOODのGt担当 吉澤成友(ヨシザワ”モーリス”マサトモ)の初ソロ作となるファーストアルバム「Guitar Esquisse Volume One」。

Guitar Esquisse(#guitaresquisse)と題されたギターの演奏とイラストによるinstagramの投稿は2020年5月に始まり現在も不定期に続いています。
その投稿からはコロナ禍の自粛期間中に向き合う吉澤自身のルーツと何より現在のムードが強く感じられる。その断片の数々を何か形にまとめることができないか、というところからスタートした本プロジェクト。

XTALを共同プロデューサーとして迎え、2人の中で自然と浮かび上がった”DUB”というキーワードを元に、録りためていた断片の数々をXTALの手で拡大と再構築を施していった10のトラック群は、断片が元々持っていたパーソナルな空気感はそのままに、どこか違う世界へ連れて行ってくれるような飛躍がもたらされ、時代も国籍も飛び越える世にも不思議で心地よいギターインスト / サウンドトラック集。初のソロ作品でありながら、アザーワークスとも言える異色の作品。シチュエーションを問わず聴く者の意識に入り込む”今”聴いて欲しい作品をどうぞお楽しみ下さい。

[トラックリスト]
01_No.25 Esquisse Intro
02_No.18 Sketch in the Shade
03_No.31 Spirograph
04_No.20 Syncopated Block Print
05_No.11 Esquisse Interlude
06_No.13 Kerning Man
07_No.30 Crystal Science
08_No.41 Vernacular
09_No.14 Eventide Arpeggio
10_No.37 Esquisse Outro

2021.09.08 RELEASE
通常盤[CD] 2,000円(税別) 2,200円(税込) / DDCK-1073
限定盤[TAPE] 1,700円(税別) 1,870円(税込) / KAKU-136
DIGITAL

A Leap featuring Achico

Xtal’s Debut for Jun Records is set for release in August.
He is a DJ based in Nagano who has been known as city pop producer or house music producer.

A vocal track “A Leap” featured Japanese singer Achico. Sequencing dreamy synthesizer sounds and floating her voice are on house groove but without bass drum.

“TYOUYAKU”

Hairi
kiranai Kakoga
Kairi
sita Karada Wo

Tomaranai Migite Ga
Kawaranai Orokasa Wo

Tsukande Hanasanai


Yasashisa Wo Itsudemo
Misugoshite Irukara

Anata Wa Itsudemo
Anotoki E Nogashiteru


Sukumu Ashi Wo Mitsumete
Yorokobi Ni Kogareta

Kusuburu Kokoro Mitsukete
Tyouyaku Wo Chikatta

Anata Wa Chikatta


“A Leap”

入りきらない過去が乖離したからだを 掴んではなさない
とまらない右手がかわらない愚かさを 掴んではなさない

優しさをいつでも見過ごしているから
あなたはいつでもあの時へ逃してる
この時も逃しそうで悲しみへおちてゆく

飛べずに

すくむ足をみつめて喜びに焦がれた
くすぶる心みつけて跳躍を誓った

あなたは誓った

2020.07.31 release
Produced and Mixed by Xtal ( www.xtal-jp.com )
Vocal : Achico ( achico.me )
Lyric and Mastered by Jun Kamoda
Art work by Hisano ( www.tanakahisano.com )

Spotify – https://open.spotify.com/album/5Kujszco5xJHC8lJUsZVzc?si=Ai6Mj1wPTmOR05msh4gOxA
Apple Music – https://music.apple.com/jp/album/a-leap-feat-achico-single/1519044717